Bar10$とは

大阪は「食べ物の町」として認識している人は多いのではないでしょうか?確かに大阪には多くの食べ物があります。代表的なものといえば、粉モン。意外に最近では鮨も有名になってきています。しかし、そうした食べ物を支えているのが、「酒」です。酒は、胃を温めて、食欲を更に増大させる効果があると言われています。また、意外と酒と言うのは健康被害があると言われていますが、適度の酒の摂取は、健康的にもいいと言われているようです。そうした健康的にも優れているといわれているお酒は、大阪の食の文化を支えていると言ってもいいでしょう。そうしたお酒のスペシャリスト。それがバーテンダーです。バーテンダーは酒のすべてを知り尽くしていると言ってもいいでしょう。まさに酒の中の達人。キングオブ酒と言っていいのです。そうしたバーテンダーは大阪にはたくさんいます。こうみると「え!?そんなに大阪にバーテンダーという職業をしている人がいるの??」と思ってしまうかもしれません。しかし、そもそも、バーテンダーというルールとは一体何なのでしょうか?口語辞典で調べてみると、酒を作りお客へ提供するもの。と記載されています。つまり、我々が想像している、カクテルを振り、蝶ネクタイを付けて渋い感じでいるような定義がされているのではなく、酒屋さんで働いている人。居酒屋で酒を入れているホールスタッフなどもバーテンダーに入るともいわれているそうです。そう考えると、大阪にはたくさんのバーテンダーがいるというのもわかるような気がしますね。更に、このバーテンダー…今飲食業の求人を出しても人が集まらないという社会情勢をもろに受けている仕事でもあるのです。求人を出している企業が求めているバーテンダーというのは、まさに酒を注ぐプロ!シェイカーを振っているあの姿を求めているそうですが、あれにはたくさんの技術が必要とされていますし、そうした技術を取得している人は、すでにそうしたところに応募することはなく、もっと給料や福利厚生がいいところに就職していることが多くあるそうです。これは、関西の求人情報を展開しているディースターの担当者が私に言っていたことなのですが、通常飲食やバーの運営をしている人は求人広告を出す際の費用がすごく少ない。そのため、求人を出しても周りの広告に埋もれてしまい、結果いい原稿を作っていたとしても、それが求職者の目に止まらず終わってしまうことが多いと言っていました。私はその話を聞いた時に、「これはただ単にバーの宣伝をしていてはダメだ。」と思い、この御店を紹介しながら、バーテンダーの求人を紹介するサイトを立ち上げました。このサイトでは。バーの魅力を知っていただき心の底から「働きたい!」と思って頂いたあなたにその店の詳しい求人情報を紹介していくようにしています。ぜひともこのサイトで多くのお店を知っていただき、そこからお店の求人情報に応募して頂ければと思います。

オススメ動画情報